アバナの実力をご紹介します。

3大ED治療薬とアバナ アバナはED治療薬 3大ED治療薬とアバナ アバナはED治療薬

アバナとは

バイアグラ」「レビトラ」「シアリスの3種類が日本の病院で処方できるED治療薬です。
しかし、海外には他にもED治療薬が存在します。
ED治療薬に限った事ではありませんが、日本で処方できるようになるには厚生労働省の認可を受けなくてはなりません。
しかし、認可を受けるまでには長い期間が必要となります。

その間に海外では新しい医薬品が続々と開発されているのです。
その中の1つが 「アバナ」です。
もともとは、バイアグラ、レビトラ、シアリスに続いてステンドラというED治療薬が開発されました。
この4種類は有効成分はそれぞれ違いますが、基本的な「勃起不全を改善する」という作用は同じです。
しかし有効成分の違いによりそれぞれに「効き目の強さ」「効き目の即効性」「効き目の持続時間」「食事の影響」など個々の特徴があります。
そして4種類の中で一番新しいステンドラは、開発技術が進みそれぞれの良さを集結させて開発されたED治療薬なのです。そのステンドラのジェネリック医薬品が「アバナ」です。

アバナは第4世代のED治療薬と言われております

「特徴としてはバイアグラの『勃起力』・レビトラの『即効性』・シアリスの『食事の影響を受けにくい』を合わせたED治療薬です。
当然の事ではありますが、開発技術は年々進んでいきます。
例えばですが、ED治療薬に早漏に効果のある成分を配合して射精までの時間を3~5倍遅らせる薬や、シアリスにバイアグラの成分を配合して勃起力の強くする薬などED治療薬も進化してます。
そして優れた医薬品が続々と開発されているのです。
そのスピードに日本の認可は追いついていないのが現状で、とくに日本は安全面を過剰に重視する傾向がありますので、認可を受けるには長い期間がかかってしまうのです。
しかし、日本で認可されていない医薬品(ステンドラやアバナ)でも、自己責任で個人的な使用目的でしたら処方箋も必要無く入手する事が可能で、日本の薬事法でも認められています。
この場合は、日本で認可されていない医薬品ですので日本の薬局等の販売店では取り扱う事ができません。
直接海外の薬局等の販売店から購入しなくてはなりません。
この海外から直接購入する事を「個人輸入」と言います。
そして現代ではインターネットで個人輸入を全て代行してくれるショッピングサイトがあります。
このようなサイトを使えば、インターネットで買い物をするのと同じように、難しい手続きは何も無く個人輸入で医薬品の購入が可能です。

↑ PAGE TOP