アバナの実力をご紹介します。

3大ED治療薬とアバナ アバナ

アバナの購入方法

アバナもステンドラも日本ではまだ認可されていませんので、海外から直接取り寄せる「個人輸入」という方法で購入します。
「個人輸入」は日本の薬事法で認められています。

バイアグラなど日本で認可されているものでも、海外版を購入したい場合は「個人輸入」を使って購入することもできます。
「個人輸入」でED治療薬を購入した方が安く購入できます。

インターネットを使えば全てを代行してくれるサイトがあるので、インターネットショッピングをするのと同じように「個人輸入」で購入できて自宅に届きます。
しかし、この「個人輸入」には注意するポイントがあります。
まず処方箋が必要ありませんので全て自己責任となります。
購入する医薬品の事をよく調べる必要があります。
そして個人が自分自身の使用目的としてと定められています。
販売目的や他人のためでは購入できません。
「個人が自分自身の使用目的で全て自己責任で入手する」これが「個人輸入」のルールです。

ですので、 女性がED治療薬を家族でも友人のためでも購入することはできませんし、大量に購入すると転売目的とみなされる場合があります。

アバナはステンドラのジェネリック

アバナはステンドラのジェネリック医薬品ですので、ステンドラと有効成分は同じで同じ効果が見込めます。どちらを購入するかは好みですが、ジェネリック医薬品のアバナはステンドラよりも安価で購入できます。
海外ではジェネリック医薬品の方が需要が高いため、ステンドラを取り扱っていない場合も多々あります。
同じ効果で値段が安ければ、安い方を選ぶのは当然です。
ステンドラは1錠の値段が約1,000円 アバナは1錠の値段が約300円です。
ですので海外ではジェネリック医薬品の方が需要が高くなっています。
日本では認可されるまでに時間がかかりますので、ジェネリック医薬品の流通が進んでいない現状があります。
しかし、日本でも国を挙げてジェネリック医薬品の流通を徐々に進めています。
アバナはバイアグラなど従来のED治療薬では効果が薄かった人でも効果が見込める新しいED治療薬です。
そして従来のED治療薬のそれぞれのメリットも集結されていますので一度試してみる価値はあると思います。
早漏気味の方はスーパーアバナでEDと早漏を両方改善できます。

トップページに戻る

↑ PAGE TOP