アバナの実力をご紹介します。

3大ED治療薬とアバナ アバナ

メリットが集結されたアバナの特徴

アバナ(ステンドラ)の有効成分は「アバナフィル」です。
まだ日本では認可されていませんので日本版はありません。
海外版で50mg、100mg、200mgがあります。
100mgが一般的とされており、体の大きさや効き目の強さによって調整します。
従来のED治療薬と同様に体内の勃起を抑制する「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」という酵素を阻害して勃起不全を改善するという作用は共通しています。
しかし、有効成分の「アバナフィル」は、従来のED治療薬のそれぞれの特徴のメリットを集結させて開発されたのです。

アバナの特徴

●効果の強さ(勃起力)
これは従来のED治療薬ではバイアグラが一番とされていましたが、アバナはバイアグラと同様またはそれ以上の効果の強さ(勃起力)があります。
バイアグラでも効果が薄いと感じた人が、アバナを飲んだら強い効果を実感できたという報告もあります。
●効果の即効性
こちらは従来のED治療薬ではレビトラが「効果の出始め20分程度、性行為の1時間前の服用が推奨」という即効性でしたが、アバナはそれを上回り「効果の出始め15分程度、性行為の30分前の服用が推奨」となっています。
性行為の30分前で効果が得られるというのは、ED治療薬として画期的な即効性と言われています。
●効果の持続時間
これは従来のED治療薬ではシアリスの20mgで30~36時間となっております。
シアリスは持続時間に特化していますのでアバナはそこまで持続する事はできませんが、アバナ100mgで8時間ほど持続しますのでバイアグラやレビトラと比べても十分な持続時間と言えるでしょう。

●食事の影響
これは、まずED治療薬として共通している事として食事の影響は絶対的に受けます。
食事の影響を受けはしますが、どれほどその影響を軽減できるかに差があります。
バイアグラ>レビトラ>シアリス>アバナといった順番で影響が大きくなります。

シアリスとアバナなら軽食程度なら影響はかなり少ないでしょう。
しかし、 一番効率良く効果を得るには空腹での服用となります。
●副作用
ED治療薬は共通して血流が良くなる作用がありますので、お酒を飲んだ時のように目の充血やホテリ、軽い頭痛などは仕方ありません。
お酒を飲んで顔が赤くなったりしても副作用とは呼ばないのと同様です。
しかし、 症状が重度の場合は医師に相談するなど処置が必要な場合もあります。
副作用に関してはまったく無いとはどのED治療薬でも言い切れませんが、軽度な症状な場合がほとんどです。顔のホテリなどの症状は薬の効果の効き始めの合図と思ってください。

アバナの購入方法へ

↑ PAGE TOP