アバナの実力をご紹介します。

3大ED治療薬とアバナ アバナ

従来のED治療薬の特徴・バイアグラの有効成分「シルデナフィル」

バイアグラは効果の強さ(勃起力)が特徴です。
日本版と海外版で成分量のラインナップが異なり、日本版は25mgと50mg、海外版50mgと100mgになります。
成分量が多いほど効果の強さも増していきます。
性行為の1時間前の服用が推奨されており、空腹時なら30分程度で効果が出始めます。
効果の持続時間は50mgで5時間程度とされています。
食事の影響を受けやすく、食後に服用してしまうと効果が出なかったり半減してしまったりする可能性があります。
副作用は、顔のほてり、目の充血など軽度な症状が9割以上の人に現れます。
バイアグラは世界で初めてのED治療薬ですので、知名度は高く安心感があります。

レビトラの有効成分「バルデナフィル」

レビトラは効果の即効性が特徴です。
成分量は海外版では10mgと20mgがありますが、日本版では10mgと20mgに加えて日本人の体の大きさを考慮して5mgもあります。
性行為の1時間前の服用が推奨されており、空腹時なら20分程度で効果が出始めます。
効果の持続時間は10mgで5時間程度、20mgで10時間程度とされています。
食事の影響はやや受け難いとされていますが、製薬会社の説明では「約700カロリー以内でその脂肪の割合が30%以内の食事」とされています。
しかし空腹時の方が確実に効果は出ますので、できる事なら空腹時での服用がお勧めです。
こちらも副作用は、顔のほてり、目の充血など軽度な症状が9割以上の人に現れます。
バイアグラに、効果の即効性と軽い食事ができるというメリットが加わったイメージです。

シアリスの有効成分「タダラフィル」

シアリスは効果の持続時間が特徴です。
海外版では20mgとなりますが、日本版では20mgに加えて日本人の体の大きさを考慮して10mgもあります。
持続時間が長い分、性行為の3時間前の服用となります。
効果の持続時間は10mgで20~24時間、20mgで30~36時間と非常に長時間続きます。
3つの中では一番食事の影響を受け難いのも特徴の1つです。
製薬会社の説明では「800カロリー」までとされています。
しかしこちらもレビトラと同様に空腹時の方が確実に高い効果が出るのは確かです。
シアリスは副作用がたいぶ抑えられており、頭痛、潮紅、ほてりなどがありますが3割程度の人にしか現れません。
持続時間が長く、食事の影響が少なく、副作用も少ない、というメリットが特徴的です。

メリットが集結されたアバナの特徴へ

↑ PAGE TOP